自転車競技がすきなんじゃあああっウワァァヽ(`Д´)ノァァン!
【ごあいさつ】

YAHOO!Blogからの引越し慣行中!
過去の記事はこちらです。
http://blogs.yahoo.co.jp/i_hamazo

BlogLankingにも参加中です。
今日はいったい何位くらいでしょう?
励みにもなるのでぜひぜひ1日1回 下のバナーをポチっとな・・・とお願いします。

あとLivedoor Readerご利用の方はこちらをどうぞ⇒ Subscribe with livedoor Reader

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1年遅れの休暇願いを出してきました。
当初の目標は2010年の7月だったのですが、去年は身内でいろいろありまして断念。
やっと先日、2週間の休暇願いを出してきました。
希望の7月は会社の業務的に無理なのはわかっていたので、4月の前半の日程で提出したところ即座に「無理だよ!そこは忙しいんだよ!!」といわれ諦めかけたところ、「5月ならいいよ」とのこと。
「GWは高いからなぁ・・・」なんて言ってたら「後半にすればいいじゃん」ですと!

ということで、ジロ開催中のイタリア行きが実現しそうです。

ホントは4月の前半にフランドルとパリ~ルーベを見に行きたかったのですが、会社が「2週間旅行に行っていい」と言ってくれるのはめったにないことなので、このチャンスに乗っかりたいと思います。
・・・とは言ってもぎりぎりまでわからないのがうちの会社なんですけどね(;^ω^)
まだ半年もありますし。

2週間の休みを取ることが簡単な会社もあるでしょうが、うちの場合はほんとに難しい。
・・・ていうか、みんな無理だと思っているからやろうともしない。
だからできるだけ穏便に波風立てずに今回の休みを取って、次のチャンスへつなげたいと思っています。
毎年とは行かなくても、2~3年に1回なら1~2週間の休みが取れる環境を作りたいと思っています。

というのも、9月から11月が鬼のように忙しすぎて、旅行の妄想でもしないとやってられない状況だったのですw
きついスケジュールをこなした後だったので、無茶な休暇願いも出しやすかったということで( ̄m ̄)ぷぷ

残念なのは5月の後半って言うのはTOJ開催の時期で日本人選手はほとんど国内にいるということで・・・。
最後の頼みは幸也選手がGiroに出場してくれることなんですが、逆にカリフォルニアに行かれた日にゃ、目も当てられないw
旧ISDに行く宮澤選手、出れるかな?
とはいえ、ジャパンカップすら見たことのない私には、プロツアーのレース会場に行けるだけて震えるほどの感動が味わえるのは間違いないんですけどね。

目下の問題点は観光と観戦の比重。
20stの未舗装区間は何とか見に行こうと思っています。そしてもちろん最終日のミラノのTT。
悩んでいるのが16stの山岳TT。
これは選手を一人ひとり確認しながら観戦するには最適なステージなのですが・・・
これを見るとナポリにいけないんだよなぁ(´・ω・`)
ま、ゆっくり楽しみながら悩みたいと思います。

移動は無謀にもレンタカーを計画中。
やっぱりヨーロッパカーですかね(* ̄m ̄)ぷぷ
山岳ステージを見に行くには電車とかバスでは難しいような気がするのです。
「水曜どうでしょう」好きとしては、もちろんレンタカー移動になると自然と街中は避ける行程になりますw
そして道に迷ってワーワー騒ぐ仲間もいない一人旅なので、頼りになる相棒が必要です。
そこでカーナビの登場なのですが、ヨーロッパのレンタカーは意外とカーナビ代が高い。
日本だと無料でつけてくれるのに・・・。
そして高い料金払っても英語orイタリア語になってしまうわけで、なかなか「頼りになる相棒」というわけにはいかなそうです。

そこで、GARMINのポータブルカーナビです。
GARMIN nuvi1360
はい、もう買っちまいましたw
明日あたり届くんじゃないでしょうか?
別売のヨーロッパの地図ソフトももう購入済みで、昨日届きました。
近々ちょっと車で初めてのところに出かける用事があるので、テストしてみようと思っています。

実はあんまり盛り上がりすぎると半年もしないうちに息切れを起こしてしまいそうなのですが、それでも構わずいま、全開で盛り上がっています。
いっぱい情報を仕入れて、いっぱい考えて、死ぬほど悩みたいと思いますw
旅行ってこの時間が実は一番楽しいですよね。
スポンサーサイト
飯田にやってまいりました!




雨模様ではありましたが何とか本降りって感じにはならず、観戦にはあまり支障はありませんでした。
でも飯田は登って下るだけのコースで、しかも下りも結構急なので選手たちはちょっと緊張を強いられていたかもしれませんね。



例年通りにぎやかなスタート地点である飯田駅前。

真剣なまなざしでカメラを構える栗村監督。
その先にあったのは・・・

地元の保育園生に囲まれた他チームの選手たちでしたw






スタート前。
パレードとはいえ、それぞれに緊張感を含んだ表情でスタート地点に並んでいます。
これまでと違って、弱い選手・調子の悪い選手は確実に振り落とされるステージです。

力と運がある選手、チームが勝ち残ります。

 笑っている選手もいましたが・・・( ^ω^)

ゴール地点ではなかなか話ができないので、おそらくこれが最後だと思い声をかけました。
声をかければいつもどおりの笑顔ですが、きっと緊張していたはずです。

「すでに充分頑張っている人になんと声をかけていいのかわからない」
「自分は頑張っているときに、『頑張れっ!』って言われるともっと頑張れる」

ずいぶん前にも同じような話をしましたね。


スタートを見送り、車で周回コースを大きく迂回しながら山の上へ移動。
いつもの観戦場所に着いたとき、2周目が通過するところでした。

3周目、4人の逃げができておりそこにクムサンのギホン選手。
そして少し遅れてやってきた追走集団の中になんと中島選手が!


その後追走は前の4人に追いつき、レースは10人ほどの逃げ⇒集団という形で落ち着きました。


クリスチャン・ハウスも逃げの中にいます。



集団はラファがコントロール。



途中、逃げと集団の間がつまってきてチームカーが隊列に戻るため私たちの近くで停車。
美濃で写真に収め損ねた、あの『置き引きされたお方』が!( ^ω^)

しっかり撮らせていただきました。


残り3周でこの前の集団が崩壊、中島選手は遅れてしまいましたが、今度は集団前方にNIPPO勢が上がってきて追撃体制に入ります。

これまでの間、晋一選手は集団の比較的後方で待機状態。

不気味なほど後方で。

前日の逃げの疲れがあるのか?
それとも次を狙って足を貯めているのか?

どう考えても狙ってますよね( ^ω^)


ゴールの瞬間を見るためにここでゴール地点へ移動開始。
南信州ステージは最後の3周が大事なのにここで戦線を離脱するのは心残りでしたが、ゴールを見ないのはもっと寂しいので我慢して移動。

ゴールには車の止め場に問題ありで思わぬ時間をとられ、何とかぎりぎり間に合いました。
移動中は山の中で電波状況が悪く、中継しているラジオも聞こえずまったくレースの様子はわからない状態でゴール地点に着くとなんと晋一選手が香港の選手と2人で逃げているというではないですか!
しかもまもなく周回コースを抜け、ゴール前の直線に入ってくるっていうし!

フィニッシュライン300m手前で待っていると、目の前を晋一選手が通過!
その後すぐに6~7人の集団が通過!

「逃げてえええええええええっ!!」
後ろ見てないで、逃げてええええええええっ!!






残念ながらこの後この後ろの集団に飲み込まれてしまい、それでも4位には入ったものの、勝ってればリーダージャージだったことを考えると非常に惜しいことになりました。

とはいえ、今回も逃げてしまいましたね( ^ω^)
やっぱり、無駄足に終わるかもしれないけど攻撃をし続ける選手が好きです。
レースをかき乱す選手が大好きです。

逃げて逃げて逃げまくってそのたびにつかまり続けても、時々そのまま逃げ切っちゃったりしてしまうから、その選手が逃げ出すとドキドキワクワクするのですね。

これで私の2010年TOJ観戦ツアーは終了です。
いつもなら南信州ステージ終了後、温泉に入って三河屋さんでおいしい山菜天ぷらとそばを食べながら打ち上げをして、翌日は大平や天竜川や南木曽あたりを観光しながらゆっくり帰るのですが、今年は翌日に仕事がたっぷりあるため帰らねばなりません。

レース会場を去るのはいつだって寂しいのですが、今年はよりいっそう寂しくて寂しくて名残惜しく感じました。

TOJはその後も続いていて、地獄の富士山、去年より短くなった伊豆、雨予報の東京。

先ほど伊豆の速報が入りまして、晋一選手が2位だったとか。
優勝は逃げ続けたハウス。彼もよく逃げますね( ^ω^)

いよいよ明日は決戦の日、東京ステージ。
もう1~2回うれしい速報が聞けると思っています。

逃げる選手たち、頑張れっ!!
早朝に岐阜のホテルを出発して美濃に入りました。

いつものコンビニに寄ったら関係車輌が!

シマノのチームカーです。
朝ごはん用のサンドイッチとコーヒーを持ってレジに並んだら、後ろに『置き引き』で有名なあの方が同じく朝ごはんをもって並んでいました。

店を出たところで「写真とっていいですか?」って聞いたら「どうぞどうぞ!」と快く許可してくださって、ご本人はまた店のほうへ・・・
ああ・・・そうですか、車は撮ってもいいんですね、ああそうですか(´・ω・`)

ご本人の写真を撮って、『置き引きにあったあの人』としてここに写真を載せたかったのにw

美濃はスタート地点が非常に狭いので、いろんな選手に声をかけるチャンスです。


「サインください」「写真とっていいですか?」が一番声をかけやすいですね。
私も前日、奈良で買ったTOJサコッシュにたくさんサインをしてもらいました。
  【サコッシュ表】


  【サコッシュ裏】



の方の左半分はラファ・コンドールの選手たちです。
ここのゼッケン16番、ディーン・ダウニングはtwitterをやっていて、来日してからも微妙におかしなことをつぶやいていたのでそれをネタに話しかけてみました。
Dean Downingのtwitter">Dean Downingのtwitter
というのもしばらく様子を伺っていたら、どうやらかなり親しみやすい選手のようだったので・・・w






案の定気軽にサインしてくれて、携帯の番号まで書こうとしてくれてw、さらに彼の引き合わせのおかげでチームのみなさん、そしてちょっと近づき難かったイギリスチャンピオンのクリスチャン・ハウスのサインまで貰ってしまいました。


奈良ステージでは初出場にもかかわらず堺でのTTもなかなかの結果だったうえ、奈良ステージでは最終周に晋一選手の引きに答えて最速ラップタイムをたたき出し、区間10位、総合5位につけた奈良選手。

もともとボンシャンスの選手だったのでずいぶん前から知っているような気がするのですが、今回初めてお目にかかれました。

ブログの雰囲気どおりの選手です( ^ω^)
■ 「もってぃ」 の大爆走日記



パレードには去年同様、市長さんらとともにこのステージのコース沿いに実家がある競輪の永井選手も参加していました。
もちろん!サインを貰ったことは言うまでもありませんw


パレードのスタートを見送ってシャトルバスで周回コース内のゴール地点へ。
3周くらい終わったころにやっとたどり着くと、なんと晋一選手が10人くらいの逃げに乗ってるというじゃないですか!

ほどなくしてその逃げはつかまりその後たった一人で飛び出したのは香港チャイナのワン・カンポ。
そして集団との差が1分近く開いたころに、それを追って晋一選手がまた飛び出しました。
1周くらいかけて晋一選手がワンカンポに追いつき、その後2人で最終周回まで逃げ続けました。

このベテラン2人の強さはなんだろう?
これまで幾度となく一緒に逃げたり、追いかけたり、つぶしたり、どれだけこの2人は逃げ続けてきたのでしょうか?

3年前の『攣った足に安全ピン』の岡崎選手の逃げと同じくらい感動してしまいました。


結局逃げはすべてつかまって、勝ったのは終始集団をコントロールし続けていたデローザのクチノッタ。
ところがどっこい、この日も奈良選手ががんばって6位!
クムサンジンセンだってずっとレースを作っていました。

レース後は車で飯田へ移動。
いつもの民宿若松に荷物を置いたら『天空の城』の温泉へ。
ここで明日のレース会場の下久堅を眺めながら露天風呂につかり、夜ご飯はこれもまた恒例の三河屋さんへ。
おいしい山菜天ぷらをいただきました( ^ω^)

ささ、いよいよ南信州ステージです。
今年も行ってまいりました!TOJ。
例年通り日曜日の夕方まで仕事をして夜の便で大阪へ、その後バスで奈良入りです。

翌日の奈良ステージは最高の天気。
1年ぶりに鹿さんたちとも出会えました。


出会えたといえばこの方!

ここ数年、毎年足元までは来ていたのに一度もお会いしたことはなかったのですが、今年はちゃんと500円払ってご挨拶してきました。


大会関係者は無料で見学できるようで、海外勢はものめずらしそうに見物していました。


ご挨拶といえばこの方!
念願のTOJ初出場を果たしました!


実は私、長いこと中島選手の応援をしておりますが、実際にレースを走っている姿を見るのは彼が大学生のときに走った南日本ロードレースという非常に小さなローカルレース以来なのです。
走るご本人はもちろんそれなりに緊張しているでしょうが、私まで微妙に緊張してしまいました。
オフシーズンにしかお目にかかれないのでその絞れ具合にはちょっと驚きました。



昨年は参戦しなかった福島選手も元気です。
浅田監督も姿を見せていました。



パレードは例年通り大仏殿前をスタートしたものの、今年はすぐに選手たちもバスに乗り布目ダムへ移動。
周回コースについてから改めてスタートが切られました。



布目ダムでは周回を重ねるたびにあちこちで観戦。
ダムの反対側まで歩き、補給が始まれば補給ポイントでボトルが飛んでくるのを待ち構え、山岳賞のかかった周回やゴールの時にはゴールの100mほど手前の林の中で。

集団の中に元気に走る中島選手の姿を確認。
そして『ちゃんと走ってるなぁ・・・』と感動。

ゴールの瞬間。
手を上げているのが逃げ切って勝ったデローザの選手。

⇒こちらは宮澤選手を飲み込んだ集団です。



ずっと逃げていた宮澤選手が最後の数百メートルで、自分の目の前で追走集団に飲み込まれるという、とても残念だけどドラマチックなシーンを見ることができました。

レース後は高速バスで名古屋へ移動し、そこでレンタカーを借り、岐阜市内へ。
大浴場つきのホテルで宿泊です。

翌日は5時におきて美濃を目指します!
まずは、イタリアでSettimana Ciclistica Lombardaが始まっています。
幸也選手とTeam Nippoの皆さんが参戦中です。
■ 大会公式HP
■ リザルト
3月31日にはプロローグ(6.6km個人タイムトライアル)があり、幸也選手は2分26秒遅れの113位でした。
昨日は1ステージ156.8kmが行われ、3人の逃げが決まり勝ったのはISDの選手。
日本人勢では幸也選手とTeam Nippoの宮澤選手が30秒遅れのメイン集団でゴールしています。

今日は平坦基調の174.4kmです。




なかなか詳細のわからなかったモロッコでもTeam Nippoの皆さんは活躍中のようです。
■ Cyclingnews

1stでは中島選手が2分16秒遅れながらも17位。
2stでは中島選手・増田選手が14位・15位でゴール。
3stでは菊池選手が集団ゴールで8位!
4stでは15人の小グループでのゴールで増田選手が8位!
5stは増田選手の37が最高位。
そして6stではそれまで何度も逃げていた中島選手が勝ち逃げに乗って5位!!

総合では増田選手が13位(+2分16秒)に付けています。
UCIポイントがつくのは8位まで。
そこまでタイム差なしですから、こちらのほうも楽しみです。

チームの雰囲気がよさそうです。
とにかく選手の皆さんがとても元気に走っている感じがします( ^ω^)

レースはまだ4日もあります。
きっともっとうれしいニュースが届きますよ( ^ω^)♪
どうもCriterium Internationalに幸也選手は出ていないようです。
いろいろ変更があるようで...(;^ω^)

そのかわり、31日からのTeam Nippoも出場するイタリアのレースに名前が出ています。
■ Settimana Ciclistica Lombarda 
■ スタートリスト(Cyclingfever) 

Team Nippoは以下のメンバーで挑むようです。

169 BARLA Luca        Italy
170 BATTAGLINI Mirko    Italy
171 GAROFOLO Vincenzo   Italy
172 KIKUCHI Masaaki     Japan
173 MIYAZAWA Takashi    Japan
174 SIGNEGO Alessio     Italy
175 SANO Junya        Japan
176 WIESIAK Mariusz     Poland

ただ菊池選手はモロッコに行っているので、そこはきっとカズオさんになるのでは・・・?

相変わらずモロッコからの情報は中島選手のブログしかなく、どうも各ステージの距離とかもHPとは違うような気もしてきました。
とはいえ、みなさん元気に走っているようなので、気長にリザルトを待ちたいと思います。

今週末は幸也選手のレースもあるようです。
■ Critérium International(2-HC)
■ スタートリスト(cyclingfever)
このスタートリストには幸也選手の名前はないのですが、92番をつけて出場するようです。

今夜の1ステージはこんな感じです。



ヨーロッパツアーのしかもHCクラスのレースなので何かしらLIVE情報が得られると思います。
見つけ次第、こちらでお知らせします。
リザルトが見つけられません(´・ω・`)

中島選手のブログによりますと、とりあえず皆さん元気に走っているようです。
■ 中島選手のブログ

今日は一日2ステージの日です。
第1部が80km、第2部が70km・・・だと思うのですが、上のブログには190kmのステージだとか・・・

(´-ω-`)・・・やっぱりなかなかレースの詳しい情報が入ってきませんなぁ。

何はともあれ晴れて暑い中を選手たちは走っているようです。

    日焼けに負けずに 頑張れえええええっ!!


ところで、モロッコ組とは別に、イタリアのレースに参加するメンバーもいるようです。
■ Settimana Ciclistica Lombarda(イタリア 2-1) 大会公式HP

カズオさんが参戦するのは確かなようで、あとイタリアに残っていると思われるのは・・・
佐野選手、マリウス選手、ガロファーロ選手、ルーカ選手、ミルコ選手かな?
そして!忘れてはいけない、ずっと日本代表として走っていた宮澤選手がチームに合流したようで、もしかすると宮澤選手のヨーロッパ初戦になるのかもしれませんね。

  これまた楽しみですよ( ^ω^)
Team Nippoの皆さんは今夜からTour du Maroc(2-2)に参戦です。
■ 大会公式HP

スタートリストや各ステージの詳細な情報など見つけられずにいるのですが、中島選手のブログによりますと、Team Nippoからは
増田選手
中島選手
菊池選手
アレッシオ・シニェゴ選手
ニコラス・ウィンター選手
の6人が参戦するようです。

1ステージは180kmだということだけはわかっています。
海岸沿いのようなので平坦・・・なのか????

見知らぬというより、まったく未知の世界でのレースです。
食事とか、気候とか、コースの状況とか、レースの運営とか、治安とか、山賊とか、毒蛇とか、サソリとか、ライオンとか・・・
くれぐれもいろんなことに気をつけて、元気に10日間走り抜いてほしいと思います。
恒例のTOJ観戦ツアーの準備を始めています。
今年は残念ながらいつもより1日休みが短くなってしまったので、南信州ステージが終わったら帰んなきゃいけないんですが、それでもいろいろあって半分諦めかけていたTOJ観戦ができることになって非常にうれしいです。

16日 夕方まで勤務 ⇒ 空路 伊丹へ ⇒ 高速バスで奈良へ ⇒ 奈良泊
17日 奈良ステージ観戦 ⇒ 高速バスまたは電車で名古屋へ ⇒ レンタカーを受け取って岐阜へ ⇒岐阜泊
18日 早朝に岐阜を出て美濃市へ ⇒ 美濃ステージ観戦 ⇒ 車で飯田へ ⇒ 飯田泊
19日 南信州ステージ観戦 ⇒ 車で名古屋へ ⇒ レンタカーを返して電車で中部空港へ ⇒ 空路鹿児島へ

という感じで準備を進めています。
行きも帰りも安い航空券が取れたし、例年難関だった岐阜の宿に安くていいとこみつけたし、楽天ポイントがたまっていたので1泊分浮いたし・・・なかなか順調です( ^ω^)
あとはレンタカーの手配のみかな?

例年、南信州ステージの翌日はゆっくり観光しながら名古屋へ向かっていたのですが、それができないのはちょっと残念(´・ω・`)ショボーン
大平のお食事処にいくのを楽しみにしていたのですが・・・これは次回のお楽しみですね。

週末が仕事なのでなかなかレース観戦できない私が見ることができる数少ないレース。
時期的にも仕事が暇な時期なので休みもとりやすい5月に開催されるTOJの観戦ツアーは、私の最大の楽しみです。

今年もレース会場でたくさんの選手たち、たくさんの友達、たくさんのお世話になっているかたがたと再会できるのを楽しみにしています。

山菜てんぷらとの再開も・・・(* ̄m ̄)ぷぷ

今年は応援したい選手がずいぶんいろんなチームに散らばってしまったので、集団がきたときに誰を応援していいか混乱しそうですが、本能の赴くままに声援を送ろうと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。