自転車競技がすきなんじゃあああっウワァァヽ(`Д´)ノァァン!
【ごあいさつ】

YAHOO!Blogからの引越し慣行中!
過去の記事はこちらです。
http://blogs.yahoo.co.jp/i_hamazo

BlogLankingにも参加中です。
今日はいったい何位くらいでしょう?
励みにもなるのでぜひぜひ1日1回 下のバナーをポチっとな・・・とお願いします。

あとLivedoor Readerご利用の方はこちらをどうぞ⇒ Subscribe with livedoor Reader

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント欄に情報を下さったイズミンさん、本当にありがとうございます。
現在、EQA梅丹-GDRが参戦しているヴォクルーズ3日間のテキストライブです!!
■ direct velo

見つけたので、とりあえず帰宅時間までやってみます・・・・只今 勤務中(;^ω^)。
フランス語なので、いつもの随時更新より時間がかかると思います。
ゴールは日本時間の24時くらいが予想されています。



下に行くほど古い書き込みです。


ジミー・カスペールがトップスリーに入ったようです。

・・・ということで、今夜はこの辺で。
いろいろ間違いもあると思いますが、また明日、まとめますね。
お付き合いいただいた方々、ありがとうございました。
おやすみなさいマセ。

Victoire de Jimmy Engoulvent (Besson Chaussures) !
この選手が勝ちました。

残り1km。
Flamme rouge !ってなんだ?
モータースポーツだとレース中断なんですが・・・ (;^ω^)

On se dirige vers une arrivée au sprint.
逃げはつかまって集団スプリントへ。

Edet va être repris par le peloton.
一人逃げていたEdetが集団につかまりつつある。

Notre envoyé spécial est descendu sur la ligne d'arrivée. On espère avoir des informations au plus vite.
うちのレポーターがゴール地点にいるので、できる限り早く状況をお伝えします。

Nous ne savons pas combien il reste de coureurs dans le peloton, mais un coureur comme Jimmy Casper est présent.
集団内にどの選手がいるのかわからないが、とりあえずジミー・カスペールがいる・・・???

Ses anciens compagnons d'échappée ont été repris par le peloton.
集団からアタックしたNicolas Edet の動きで集団か活性化し、そのため逃げは集団に飲み込まれた。
Nicolas Edet est seul en tête.
Nicolas Edetが1人で先頭。
Attaque de Nicolas Edet (Team Wilo Agem 72) !
Nicolas Edet がアタック!

La situation est idéale pour les Besson Chaussures-Sojasun qui n'ont pas à rouler pour favoriser une arrivée massive.
状況は集団スプリントに向けて集団を引かなくていいBesson Chaussures-Sojasunチームに有利です・・・?
Besson Chaussures-Sojasunにスプリンターがいて、逃げにチームメイトが乗ってるから有利ってことでしょうか?

Le peloton est en train de réduire l'écart grâce à un gros boulot de la formation Auber 93.
集団はAuber 93チームの働きで差をつめつつある。

残り29km。
逃げのメンバー、最新情報。
Nicolas Vogondy (Agritubel)
Thomas Rabou (Rabobank CT)
Fredrick Ericsson (Team Capinordic)
Aleksejs Saramotins (Team Designa Kokken)
Laurent Mangel (Besson Chaussures-Sojasun)
Nicolas Edet (Team Wilo Agem 72)
集団との差は1分35秒。
岡崎選手ははじめっからこの逃げ集団にハイなかったってことかもです (;^ω^)

展開が速くなってわかんなくなってきました( ^ω^)
Kazuya Okazaki (EQA-Meitan Hompo) a été distancé de l'échappée.
岡崎選手は逃げ集団の外にいるようです。おくれたのかな?
っていうか、逃げはまだつかまっていなかったのですね。

On ne s'entend plus dans l'échappée.
逃げは一人もいなくなった・・・?かな??

135km。逃げのメンバーは
Nicolas Vogondy (Agritubel)
Thomas Rabou (Rabobank CT)
Fredrick Ericsson (Team Capinordic)
Aleksejs Saramotins (Team Designa Kokken)
Kazuya Okazaki (EQA-Meitan Hompo)
Laurent Mangel (Besson Chaussures-Sojasun)
Nicolas Edet (Team Perche Wilo72)
集団との差は1分。

途中経過がよくわかっていません。
ただ岡崎選手がなんかたいへん!!
Kazuya Okazaki (EQA-Meitan Hompo) possède à présent 10'' d'avance sur Nicolas Vogondy (Agritubel) et Laurent Mangel (Besson Chaussures-Sojasun).
岡崎選手を2人の選手が追っているようです。
Le coureur de l'équipe EQA-Meitan Hompo possède à présent 1' d'avance sur le peloton.
岡崎選手、集団との差1分。
Kazuya Okazaki (EQA-Meitan Hompo) s'est échappé du peloton.
岡崎選手が集団からアタック!

帰宅!

勤務終了 落ち。
続きは帰宅してからやります。

先ほどまでに逃げはすでにつかまっており、今新たに6人の逃げができています。
Eduardo Gonzalo (Agritubel)
Michael Tronborg (Team Designa Kokken)
Cédric Coutouly (Besson Chaussures-Sojasun)
Matthieu Converset (CC Nogent-sur-Oise)
Jérémie Dérangère (SCO Dijon)
Pim Ligthart (AVC Aix-en-Provence)

Guillaume Pont (EQA-Meitan Hompo) est passé en tête au sommet du col des Abeilles.
ギョーム選手が”du col des Abeilles”の頂上を先頭で通過した!

L'échappé vient d'être reprise. Il reste 1 courreur en tête. On est dans une descente.
逃げはつかまった。1人粘ってたけどやっぱりつかまった・・・かな?

逃げの6人。
Sylvain Calzati (Agritubel)
Rasmus Guldhammer (Team Capinordic),
Laurent Didier (Team Designa Kokken)
Yannick Talabardon (Besson Chaussures-Sojasun)
Guillaume Pont (Meitan Hompo)
Romain Zingle (Belgique)

Visiblement, il n'y a plus que six coureurs dans l'échappée.
逃げは6人になった。
ちゃんとギョーム選手はいるようです。
Yannick Talabardon (Besson Chaussures-Sojasun) emmène dans le col des Abeilles.
ということで1級の山岳ポイントはYannick Talabardon がとったようです。


Les coureurs vont bientôt escalader le col des Abeilles. Ils l'ont monté hier de l'autre côté.
選手たちは1級山岳”le col des Abeilles”を登っている。選手たちは昨日この山を別な方向から登った。

Au km 41, les échappés possèdent 40'' d'avance sur le peloton.
41km 逃げの13人と集団の差は40秒。

今まさに13人の逃げができていて、EQA梅丹-GDRからはギョーム選手が入っているようです。
おそらく今は最初の1級の山岳を上っているところだと思います。
スポンサーサイト
やっとPCの前にこれました。
昨日からEQA梅丹-GDRのヨーロッパ初戦、Les 3 Jours de Vaucluse という3日間のステージレースが始まっています。
■ 大会公式HP 
昨日の1stの様子はチームのほうからすでにレポートが上がっていますね。
■ チームのレポート
序盤でできた逃げ集団が逃げ切ったレースだったようです。
その逃げにみやたか選手が乗っていたのですが、惜しくも勝負どころで足の痙攣に見舞われたそうで。
その逃げから区間優勝者が出たことを考えると、ホンとにもったいない(´・ω・`)

2日目の今日は順番に1級・2級・3級の山岳を含む187.5kmです。


はまぞうの「ランカウィ5stの結果」のまねしてかいてみるね

5stの36位が最上位でした。
本日の9分40秒遅れの6st詳細レーススタートは15時、本格的なようなので楽しみになると思います?
ほかの11時くらいが最上位でした。
晋一選手はじめEQA梅丹GDR勢では日本時間のメンバー、本格的なので楽しみにしたいと思います。
..しかし、逃げる気満々なようなようなようなような登りにしたいと歯が予想されています。
本日の6stは晋一選手も幸也選手も無事完走しています。
ほかの9分40秒遅れのリザルトが予想されています。
晋一選手も、そして幸也選手はじめEQA梅丹GDR勢では日本時間の36位が最上位でした♪
本日のリザルトがでています。
晋一選手も、そして幸也選手も、そして幸也選手も無事完走しています。
■CyclingnewsEQA梅丹GDR勢でています!
晋一選手はじめEQA梅丹GDRも無事完走したいと思います。

*このエントリは、ブログペットの「ぷー太」が書きました。
きょう、順位が関係しないです。
だけど、はまぞうで逃げっぽい終了した。

*このエントリは、ブログペットの「ぷー太」が書きました。
5stのリザルトがでています。
■ Cyclingnews
EQA梅丹-GDR勢では晋一選手の9分40秒遅れの36位が最上位でした。
ほかのメンバー、そして幸也選手も無事完走しています。
...しかし、本格的な登りになると歯が立ちませんね(;^ω^)
セラメンティ強すぎです。

本日の6stはこんな感じです。
■ 6st詳細


レーススタートは日本時間の11時、ゴールは15時くらいが予想されています。
晋一選手はじめEQA梅丹-GDRも幸也選手も、逃げる気満々なようなので楽しみにしたいと思います。
今日はいつもより1時間早いスタートです。
日本時間の10時スタート、13時ごろにゴール予定です。



テキストライブは始まっています。
■ 大会公式HP

下に行くほど古い書き込みです。


日本関係者はまだ上がってきませんが、とりあえず随時更新はこれで終了します。
ちなみに明日と明後日は随時更新はできそうにありません。
非常に残念です。
本日もお付きあいいただき、ありがとうございました。

2nd Crawford(AUSTRALIA NATIONAL TEAM)
3rd Rodriguez (DIQUIGIOVANNI-ANDRONI )
4th Kessiakoff (FUJI-SERVETTO )
5th Tschopp (ブイグ)
6th Ochoa (DIQUIGIOVANNI-ANDRONI )
7th Van Rensburg(SOUTH AFRICA NATIONAL TEAM)
8th とんとん(LETUA CYCLING TEAM)
9th Euser (GARMIN SLIPSTREAM)
10th Gomez (CERVÉLO TEST TEAM)
11th Porte (AUSTRALIA NATIONAL TEAM)
12th Deignan (CERVÉLO TEST TEAM)
13th Cobo(FUJI-SERVETTO )
FUJI-SERVETTOつええええっ!

Serpa wins for the third time in Genting Highlands.
Serpaがなんと3回目のジェンティンでの区間優勝。

Last km.28 seconds for Serp
ラスト1km。Serpaは後ろに28秒先行。

2km to go.
あと2km。

20 sec between Serpa and Crawford.
先頭のSerpaと追うCrawfordの差は10秒。

Crawford attacks.
後続の4人の中からCrawfordがアタック。
Serpa is 25 sec ahead of Rodriguez, Ochoa and Crawford. Tschopp and Kessiakoff at 1 minute.
SerpaはRodriguezとOchoa と Crawfordの3人まで25秒、さらに後ろの2人まで1分先行。

Serpa goes solo.
Serpaが独走開始。
Leaders at 5km to go. 21 to the 2 chasers.
先頭は残り5km。先頭の4人と追走2人の差は21秒。

Tschopp and Kessiakoff 15 seconds behind the 4 leaders.
Tschopp(ブイグ)とKessiakoff (Fuji Servetto)が先頭の4人を15秒遅れで追っている。

4 leaders: Ochoa, Rodriguez, Serpa and Crawford
先頭集団は4人。DiquigiovanniのOchoa, Rodriguez, Serpa 3人。そして Crawford(オーストラリア)。

Crawford chases alone.
それをCrawford(オーストラリア)が一人で追っている。

Rodriguez and Serpa away.
Rodriguez と Serpaが逃げている。
ちなみに2人ともDiquigiovann。

Attack by Rodriguez.
Rodriguezがアタック!
Wurf does most of the work.
Wurf が一番引いている。

現在の前方の集団のメンバー
Ochoa, Rodriguez, Serpa, Tschopp, Euser, Kessiakoff, Fleemann, Pozzovivo, Gong, Susanto, Crawford, Wurf, Van Rensburg.
今日はここから優勝者が出るのかな?

15 riders coming accross strongly.
15人の選手が力強く横切っていく・・・?
集団がすでに崩壊しているようですね。

Correction: it's Wyss in the front.
訂正:前で独りになっているのはWyssの方。
・・・公式HPもやや興奮気味ですね( * ̄m ̄)ぷぷ

Nardello alone in the front.
Nardelloが一人になった。
Hard climbing now!
きつい登りだ!!

With 20km to go, the gap is 3 minutes.
残り20km。差は3分。

Garmin shows up at the head of the peloton.
ガーミンが集団の前方に姿を現した。

With 25km to go, the gap is 3.50.
残り25km。タイム差は3分50秒。

Under the action of Ag2r, the reduced the deficit to Nardello and Wyss: 3.55 at km 73. Genting Highlands is close.
73km。AG2Rの引きで逃げと集団の差は3分55秒に縮まった。ジェンティンへの登りはもうすぐ。

Ag2r leads the bunch. Latest time gap: 4.15 at km 70.
70km。集団はAG2Rが引いている模様。逃げとのタイム差は4分15秒。

At km 64, the gap is 4.05.
64km。差は4分5秒。

3回目のスプリントポイント(57.7km)
1. Nardello, 2. Wyss, 3. Euser, 4. Sutton.
逃げの二人は交代で1位通過していますね。

3.50 is the gap at km 61
61km。逃げと集団の差は3分50秒。

2回目のスプリントポイント(37.5km)
1. Wyss, 2. Nardello, 3. Hoffman, 4. Euse

44 km covered in the first hour. 3 minutes gap.
スタートから1時間で44km進んだ。逃げと集団の差は3分。

Nardello and Wyss have broken clear at km 27. Their lead is 2.20 at km 32.5.
Nardello と Wyssのアタックは27km地点で決まり、32.5km地点では集団に2分20秒のリード。

At km 30, the two riders in the lead have 2 minutes advantage.
30km。2人(NardelloとWyss)と集団の差は2分。

The Fuji Servetto team is very active today. Attack at km 26 by Nardello followed by Wyss.
26km。今日は Fuji Servetto が元気です。
Nardello(Fuji Servetto)がアタックしてそれをWyss(Cervelo test team)が追いかけています。

1回目のスプリントポイント(16.9km)
1. Gavazzi, 2. Hoffman, 3. Suhardi, 4. Vigano.

Many attacks but regroupment before Sprint 1 at km 16.
16km。たくさんのアタックがかかっているけどなかなか決まらないようです。

EQA梅丹-GDRは今日はおとなしいかな?
増田選手の動きが気になるところです。
幸也選手は昨日の段階で売り切れで、今日はタイムアウトだけ気にして走るそうです。
ソースはご本人のブログです。

Vigano is the first attacker of the day.
今日のアタック一番乗りはVigano(Fuji Servetto)。
4stのフルリザルトが出ています。
■ 大会公式HP(PDF形式です)
なんと!4位みやたか選手、5位パク選手、9位ガズヴォダ選手、55位晋一選手、64位増田選手。
ここまで先頭とタイム差なし。
6分22秒遅れの102位に幸也選手、8分16秒遅れで中島選手がゴールしています。
10位までに3人!!

今日は逃げに晋一選手と幸也選手が乗って、結果としてはこんな感じで。
パク選手もやっと調子が出てきたのでしょうか?
見ているだけの身としては楽しい限りです。

やっぱりこうやってレースを面白くしてくれる彼らの走りがだいすきだあああああっ!!



明日はいよいよジェンティンでの登りゴールのステージです。
総合が大きく動きます。心して応援したいと思います。
昨日のみやたか選手のペナルティはチームカーを風除けに使ったからだそうで・・・
■ シクロワイアード
ま、落車とかでなくてよかったです。

さあ、今日はこのレース最長221kmのレースです。
レーススタートは日本時間の11時。
ゴール予想時刻は日本時間の16時38分となっております。



下へ行くほど古い書き込みになります。


公式の更新がとまりましたね。
では、最終的なリザルトが出てからまた改めて。
日本関係の選手たちが気になります。

Winner Samai from letua.
再び打ち合わせに出ている間に・・・
インドネシアのSamai (Letua Cycling Team)が区間優勝。

4 leaders: Yates, Susanto, Weissinger and Rodriguez. 15km to go.
残り15km。トントン含む4人の逃げと集団、という形になったようです。

50 seconds behind the two leaders are Susanto and Rodriguez.
先行している2人の50秒後ろにトントンとRodriguezがいる模様。

The bunch is 2.05 behind Yates and Weissinger.
逃げた2人の2分5秒後ろに集団。
・・・ってことは晋一選手や幸也選手などほかの6人はすでにつかまっているのですね。

2 riders in the lead: Yates and Weissinger.
幸也選手のアタックは不発に終わったようで、今またYates と Weissingerによる新たなアタックが。

Arashiro tries to go solo with 25km to go.
残り25km。幸也選手が逃げ集団からアタック!

With 30km to go, the bunch is 1 minute behind the 9 leaders. Yates and Van Heerden have been caught.
残り30km。逃げと集団の差は1分。
Yates と Van Heerdenはつかまった。
・・・・ってことは一つ前のは誤訳で
『8人の逃げ集団から二人が50秒先行していたけど、いまはまた8人の集団に戻った』ってことですね(;^ω^)ゴメンナサイ

After the downhill, Yates and Van Heerden are 50 sec ahead of their former companions and 2.20 ahead of the peloton.
下り区間が終了。8人の逃げのうちYates と Van Heerden がほかの6人より総合で50秒はやく、さらに集団より2分20秒先行している。
In the climb of Genting Peres, Loubet made it accross to the 8 leaders by himse
1個目ののぼりではLoubetが献身的に引いていた・・・ってことでしょうか?

打ち合わせに出ている間にレースは大きく動いていました(;^ω^)
一時、集団から新たに16人の選手が抜け出しましたがそれはすでに捕まっています。
151km地点。逃げ続ける8人と集団の差は3分35秒。

1回目の山岳賞ポイント(3級)・・・がもう見えない(;^ω^)

At km 116, the gap has increased again: 6.05.
116km地点。差はさらにさらに広がって6分5秒。
とりあえず、一個目の山頂まではいけそうですね。

Cervélo and Kazakhstan lead the bunch.
集団はサーベロとカザフスタンが引いている模様。

The gap goes up again: 5.05.
差はさらに広がって5分5秒。

At km 106, the gap has increased to 4.10.
106km地点。差が4分10秒に広がりました。

3回目のスプリントポイント  1. Rusli, 2. Yates, 3. Van Heerden, 4. Arashiro.

At km 100, the 8 leaders are 3 minutes ahead of the peloton.
100km地点。逃げと集団の差は3分。

2回目のスプリントポイント  1. Van Heerden, 2. Weissinger, 3. Rusli, 4. Arashiro.

At km 93, the gap is 3.15.
93km地点。差は3分15秒。縮まりましたね。逃げ集団は1個目の登りに入ったかな?

90.4 km covered in 2 hours.
90.4km地点。2時間経過。・・・・やっと更新したと思ったらそんだけですか(;^ω^)

At km 68, chasers at 3.15, bunch at 5.05.
68km地点。 逃げ -3分15秒- 追走 -1分50秒- 集団

At km 60, the bunch is 4.30 behind the breakaway.
60km地点。逃げと集団の差は4分30秒に。

Hasanin and Ben Hassine from Doha team in between the breakaway and the bunch.
2.30 at km 57.

57km地点。逃げと集団の差は2分30秒。
間でドーハチームの二人が追っている模様。

Advantage: 1.55 at km 55.
55km地点。逃げと集団の差は1分55秒。決まったか?

8 leaders: Arashiro, Matveyev, Weisinger, Fukushima, Kim, Yates, Rusli, Van Heerden.
晋一選手と幸也を含む選手8人の逃げができています。

50km covered in the first hour.
1時間で50kmも進んでます。
Attack at km 45 by Arashiro, Fukushima and Venter.
45km地点。幸也選手と晋一選手とVenteがアタック!!
Sprint 1 at km 37.7: 1. Gavazzi, 2. Hoffman, 3. Suhardi, 4. Sutton.
1回目のスプリントポイント 1. Gavazzi, 2. Hoffman, 3. Suhardi, 4. Sutton.

Attack by the yellow jersey!
リーダージャージがアタック!
All together at km 32.
32km地点。つかまっちゃいました。

Arashiro and Abakoumov in the lead at km 30.
30km地点。幸也選手とAbakoumovが抜け出した!

More than 25km covered in 30 minutes!
30分で25km以上進んでる!・・・時速50km以上ですね。
All together at km 25.
25km地点。逃げはつかまった。
11 riders in the lead at km 22, including Serpa and Cobo.
22km地点。Serpa と Coboを含む11人の選手が抜け出しに成功。

Many attacks in the first ten km but the peloton reacts all the time.
スタートして10km、多くのアタックがかかっているけど、まだひとつも決まっていないようです。

All 119 riders have taken the start of stage 4. This is the longest stage with 221 km.
11時5分 テキストライブが始まりました。


ランカウィ3stのフルリザルトが出ています。
PDFファイルですので携帯からは開かないかもしれません。
■ リザルト(大会公式HP)
21位に幸也選手、36位に中島選手、70位に晋一選手、76位に増田選手、105位にガズヴォダ選手、115位にパク選手。以上、1位とタイム差なしのメイン集団です。

そして、117位にところにみやたか選手の名前があってゴールタイムはほかの選手と同じなのですが、20秒のペナルティを食らっています。
ゴール2km前、結構いい感じにチームで集団の前の方にあがってきていたようなので期待していたのですが、同じくペナルティを食らっているManan選手や、ゴールタイムはタイム差なしなのに順位は下になっている選手たちとともに、落車か何かあったんですかね?
チームのレポートを待ちたいと思います。




明日の4stは後半に3級と2級のある今回最長の221kmのステージです。
■ ステージの詳細

こういう中級の山岳がある長いコースは梅丹本舗-GDRの選手や幸也選手が得意なコースだと思っているのですが・・・( ̄ー ̄)ニヤリッ。

おおいに期待したいと思います。
3stも日本時間の11時スタート予定です。
ゴール予想時刻は日本時間の16時くらいになっています。
・・・・今日は昨日より追いかけられそうです(;^ω^)
今日のレースは180kmとやや長めです。
■ 公式HPのテキストライブ



下へ行くほど古い書き込みになります。


公式HPの更新も止まったようなので、とりあえず『随時更新』( ̄ー+ ̄)キラリ終了します。
お付き合いいただいた方々、ありがとうございました。

上位10人。
1. Gavazzi, 2. Sutton, 3. Clerc,
4. Hoffman(南アフリカ), 5. Kostyuk, 6. Haselbacher(VORARLBERG - CORRATEC), 7. Clarke(FUJI-SERVETTO), 8. Abakoumov(ISD), 9. Samai(LETUA CYCLING TEAM), 10. Gene(ブイグ).

4位が訂正されています。
ん~今日は日本人、日本チームの選手の名前はないですねぇ・・・。

Winner: Gavazzi. 2. Sutton. 3. Clerc. 4. Kostyuk.
優勝 Gavazzi(Diquigiovanni) 3勝目!!
2位 Sutton(Garmin)
3位 Clerc(AG2)
4位 Kostyuk(ISD)

Meitan comes up as well. 2km to go.
残り2km。梅丹本舗-GDRが集団の前に出てきたようです!!

Garmin also in command.
ガーミンもまた集団の前に出てきました。

Compact bunch with 4km to go. Fuji Servetto leads the bunch
残り4km。集団はひとつに。集団はサーベロがコントロール中。

Gruzdev caught
つかまりました。

5km to go. Gruzdev insists.
残り5km。Gruzdevがまだ粘っているようです。

15 sec lead. 8km to go.
残り8km。差は15秒。

Gruzdev's lead is 11 seconds.
Gruzdevと集団の差は11秒。

Attack by Gruzdev at 14km to go.
残り14km。仕切りなおしのアタックはまず Gruzdev(カザフスタン)。

All together with 16 km to go.
残り16km。逃げはつかまり集団はひとつに。

Within 20km to go, the gap is 1 minute.
ゴールまで20kmをきりました。逃げと集団の差は1分。

At km 158, the gap is 1.20 between the two leaders and the bunch.
158km地点。2人になってしまった逃げと集団の差は1分20秒。

Fallanie is dropped from the leading group.
まずはFallanieが逃げから脱落。

1.50 is the gap at km 150.
150km地点。逃げと集団の差は1分50秒に。
あっという間に縮まりましたね。スプリントポイントは全部とったし、今日はもういいか、って感じですね( ^ω^)
さあ、彼らがつかまってからが愉しみです。

At km 142, the gap is 3.08.
142km地点。逃げと集団の差は3分8秒。

(;゚д゚)ァ.... やっとトップの絵が今日のステージの地図とプロフィールになったw

Gap at km 138: 3.50.
138km地点。逃げと集団の差は3分50秒。
132km 3回目のスプリントポイント
1. Vandervelde, 2. Suh, 3. Fallanie, 4. Celli.
今日あった3つのスプリントポイントは全てヴァンデヴェルデ(ガーミン)がとりました。

At km 127, the gap is 5.20.
127km地点。逃げと集団の差は5分20秒。
縮まってきましたね。

In 3 hours, the riders have covered 120 km.
スタートから3時間を過ぎて、選手たちは120kmを走りました。

At km 114, the leading trio has 6.30 advantage.
114km地点。逃げと集団の差は6分30秒。
Jacques Janse van Rensburg remains the leader of the king of the mountains competition.
今日のレースが終わった時点で山岳リーダーは昨日と変わらずJacques Janse van Rensburg(南アフリカチーム)
105.5kmの4級山岳ポイント 
1. Suh, 2. Vandervelde, 3. Fallanie

91.3km 2回目のスプリントポイント
1. Vandervelde, 2. Suh, 3. Fallanie, 4. Rizuan.
逃げている3人と集団の差は6分45秒 。

At the feed zone, the bunch was 7 minutes behind Fallanie, Vandervelde and Suh
89.3kmの補給地つきました。逃げと集団の差は7分。

At km 78, the gap is 7.30.
78km地点。差は7分30秒に縮まりました。

At km 60, the bunch is 8.15 behind the leading trio.
60km地点。逃げている3人と集団の差は8分15秒。

At km 46, the gap is 7.10.
46km地点。逃げの3人と集団の差は7分10秒まで開いています。

1回目のスプリントポイント
1. Vandervelde, 2. Fallanie, 3. Suh, 4. Razif.

The Diquigiovanni team sets the pace at the head of the bunch.
集団の先頭はリーダーチームのDiquigiovanniがコントロールしているようです。

At km 20, the gap is 3.30.
20km地点。差は3分30秒に。

At km 15, the gap is 2.40.
15km地点。逃げている3人と集団の差は2分40秒。

At km 6, Suh Seok Kyu rejoins Fallanie and Vandervelde. The trio has 35 seconds lead.
6km地点。Suh Seok Kyuが逃げに加わって逃げは3人に。集団との差は35秒。

First attack at km 1 by Fallanie and Vandervelde.
スタート地点から1km、最初のアタックは FallanieとVandervelde。

11:04 テキストライブが始まりました。
119 riders on the start line in Malacca for stage 3. Also many colourful trishaws but they won't race.
119人のライダーがMalacca の3ステージのスタートラインにつきました。たくさんのカラフルな三輪車もいますが、彼らはレースには参加しません。
「colourful trishaws」は「カラフルな三輪車」でいいのかな?

スタート30分前なのですが、公式HPのトップページの地図とコースプロフィールが明日のものなんですよね。
今日山があるのかとわくわくして損しました( ´・ω・`)
フルリザルトです。
■ Cyclingnews
8位に幸也選手、10位にみやたか選手が入っています。
26位に中島選手・35位に晋一選手・46位にガズヴォダ選手・86位に増田選手・107位にパク選手。
全員タイム差なしのメイン集団でゴールしています。
幸也選手の区間8位は今年初のUCIポイントGETです。
今日の第3ステージは日本時間の11時にスタートの予定です。
■ 3stの詳細
今日・明日と距離の長めのステージが続くうえ、どうやら現地はかなり暑いようです。
でも選手たちの調子はよさそうなのでおおいに期待しながら、テキストライブを楽しみたいと思います。

出遅れました!
2stはすでに半ばを過ぎています。
■ 大会HP(右側に小さなスペースにテキストライブ)


下に行くほど古い情報です。

まったく『随時更新』ではありませんでしたが、とりあえずこの辺で。
フルリザルトが出たらまた改めてまとめます。
もしも待ちくたびれた方がいらっしゃいましたら申し訳ありませんでした。

1. Gavazzi, 2. Hoffman, 3. Clerc, 4. Van Heerden, 5. Clarke, 6. Kostyuk, 7. Haselbacher, 8. Arashiro, 9. Nateghi, 10. Shimizu
今日は幸也選手が8位、みやたか選手が10位です。

Gavazzi wins again. Hoffman 2nd. Clerc 3rd.
Gavazziが昨日に続いて2勝目!!

10km to go: 1.10.
集団はやっ!(;^ω^)

12km to go: 1.30.
・・・逃げを捕まえるのに必要な距離は10km1分でしたっけ?
微妙だけど・・・ぎりかな?

17km to go: 1.50.
逃げはつかまりそうですね。

残り25km。タイム差は2分40秒。

130km 逃げの2人と集団の差は3分20秒。.

3回目のスプリントポイント(120.8km)
1. Pliushin, 2. Pujol, 3. C. Meier, 4. Rodriguez.

At km 111, the gap is reduced to 4.50.
逃げはPliushinとPujolの2人、集団との差は一時はずいぶん開いたようですが、今は4分50秒です。
ランカウィ1stのリザルトが出ました。
■ Cyclingnews
みやたか選手が9位でゴールしています。
そしてブイグテレコムの幸也選手が11位。
梅丹本舗-GDRのガズヴォダ選手・晋一選手・増田選手・中島選手・パク選手もタイム差無しのメイン集団でゴールしています。

明日は序盤に3級の山岳があって、その後は平坦な160.9 kmです。
■ コースの詳細


日本時間の午前11時にスタート予定です。
ゴールは同じく日本時間で3時くらいが予想されています。

状況が許せばまたここで速報を流したいと思います。
しかし・・・この大会の公式HPの充実っぷり、使い勝手の良さは何でしょう。
欲しい情報はだいたいそろっています。
ほかの大会もこんなふうだと異国からでも応援しやすいのに。
■ 大会HP
今年もどこまで、どれくらいやれるかわかりませんが随時更新やります。
ちなみに今日は定休日( ^ω^)♪
下に行くほど古い情報です。

情報源は大会公式HPのテキストライブ。
■ Tour de Langkawi
■ 1stの詳細



とりあえず随時更新はこれで終了します。
フルリザルトが出たらまた改めて書きますね。
お付き合いありがとうございました。

ステージ順位
1. Gavazzi (DIQUIGIOVANNI-ANDRONI )
2. Sutton(GARMIN SLIPSTREAM)
3. Hoffman (南アフリカチーム)
4. 訂正 Dall'antonia ( CSF GROUP NAVIGARE)
5. Nateghi (IRAN NATIONAL TEAM)
6. Musiol (VORARLBERG - CORRATEC)
7. Haidar (MALAYSIA NATIONAL TEAM)
8. Chtioui (DOHA TEAM )
9. Shimizu (梅丹本舗-GDR)
10. Manan(MALAYSIA NATIONAL TEAM)


1st Gavazzi. (DIQUIGIOVANNI-ANDRONI )
2nd Sutton (GARMIN SLIPSTREAM)
3rd Hoffman (南アフリカチーム)
4th Bongiorno(CSF GROUP NAVIGARE )

Winner Gavazzi.
1stはGavazzi.(DIQUIGIOVANNI-ANDRONI )が優勝。

All together with 2km to go
残り2km。集団はひとつに。

Loubet and Bates now attack after regroupment
逃げはつかまり、新しく集団から2人アタック。

5 km to go. Only 10 sec lead for Pliushin and co.
残り5km。Pliushinと仲間たちと集団の差はわずか10秒。

4 riders away with 24 sec. Pliushin the most active.
逃げが4人になったようです。
一番よく引いているPliushin(AG2R)がニューカマーですね( ^ω^)

Tschopp insists by himself
??insist・・・主張する・・・?

madaniではなくJi Jianhua(CHINA NATIONAL TEAM)だそうです。
差は23秒。

3 riders in the lead: Tschopp, Madani and Susanto with 20km to go
残り20km、3人がリード。
Tschopp(ブイグ), Madani and Susanto(とんとん LETUA CYCLING TEAM)

イランのZARGARI Amirがアタック。

All together after 106km.
逃げはつかまり集団はひとつに。
残り27.8km。
集団はサウスアフリカチームが引いている模様。

Leading trio still away with 48 sec
逃げてる3人と集団の差は48秒。

Sprint 3 at km 93,8.
1. Amrun (MNCFサイクリングチーム)
2. Gruzdev (カザフチーム)
3. Venter (南アフリカチーム)
4. Rodrigue(DIQUIGIOVANNI-ANDRONI )

・・・いきなり3回目のスプリント結果ですか(;^ω^)
3人はまだ逃げ続けているようですね。
ただ、集団をDIQUIGIOVANNI-ANDRONI チームが引いていて、差は2分以下に縮まっているようです。逃げてるほうもやる気はなさそうです。
The breakaway riders look like waiting for the bunch.
「逃げてる3人はメイン集団を待っているように見える」

彼らが捕まったらレースが活性化しそうですね。

公式の更新が止まってます(´・ω・`)

しょうがないので昼ご飯。
海老とほうれん草のパスタと
KIRIN 無濾過
おいしいんですよ、これ。

・・・何故かグラスがギネスw


Madani has been caught by the bunch. Peloton led by Diquigiovanni, reducing the gap. Now 3.48.
ひとりで逃げを追っていた選手が集団につかまったようです。
Venter,、Gruzdev 、 Amrun -3分48秒- 集団
もうすぐ2回目のスプリントポイントです。

Sprint 1 (38km)
1. Venter (南アフリカチーム)
2. Gruzdev (カザフチーム)
3. Amrun (MNCFサイクリングチーム)
4. Bernaudeau(ブイグ)

その上位3人が抜け出し、更に1人が追っている模様。
Venter,、Gruzdev 、 Amrun -50秒- Madani -25秒ー 集団

Many unsuccesful attacks before the first sprint in Kajang at km 38
1回目のスプリントポイントに向けてアタックがかかりまくりつつ、つかまりまくっているようです。
晋一選手もつかまったかな?

Two riders in the lead. Shinichi Fukushima and Ahmed Fallanie. 20 seconds gap.
スタートして25分。
いきなり晋一選手が逃げ出しているようです。
差は20秒。


現地時間の10時(日本時間の11時)にレースはスタートしました。
今夜はアミーカチップスの初戦、GP Costa degli Etruschiがあります。
■ 大会公式HP
■ スタートリスト
宮澤選手は出ておりません。
デビュー戦はいつになるのでしょう?
楽しみですね( ^ω^)

そして、カタールでの男たちの戦いは終了しましたが、明日からは女の戦いが繰り広げられます。
■ 大会公式HP
日本からは代表チームが参戦しています。
萩原麻由子選手(群馬・鹿屋体育大学)
宇田 由香選手(大阪・サイクルベースあさひ)
豊岡 英子選手(大阪・AYAKOTOYOOKA)
智野 真央選手(東京・キナンmuur-king.com)
針谷千紗子選手(栃木・宇都宮BLITZEN)
近内 稚明選手(福島・岩瀬農業高校)


萩原選手はカタールで行われたアジア大会で優勝した経験があります。
卒論や実習で思うように練習はできなかったかもしれませんが、それでもなにかしてくれるのではないかと期待しています。

女子のTour of Qatarは8日から10日の3日間です。
最終日のフルリザルトです。
■ Cyclingnews 
みやたか選手.中島選手.ソウ選手.ダミアン選手.ギョーム選手はタイム差なしのメイン集団でゴール、岡崎選手が1分7秒遅れでゴールしています。菊池選手の名前がないので、リタイヤでしょうか?
みやたか選手が17位、中島選手が24位って言うのは今回初めてレースの最終局面を目撃することができたってことになるのでしょうかね?

で、いよいよ9日からランカウィが始まるわけですが・・・
ずいぶん前になるのですが、大会公式HPに幸也選手の記事が出ています。
■ ランカウィ大会公式HP
ブイグテレコムのチームマネージャーのJean-René Bernaudeau さんてのは、浅田監督のフランスでの選手時代から知っていたようですね。日本舗道チームにもかかわっていたみたいですし。
幸也選手のブイグへの移籍もなんとなく納得って感じです。

幸也選手と梅丹本舗-GDRの選手たちがどんな走りを見せてくれるのか?
2005年の最終日、福島兄弟と当時ディスカバリーにいた別府選手が一緒に逃げて、生中継で見ていた私たちを興奮のルツボに陥れたようなシーンが見られるのか?
それとも、お互いのアタックを潰し合うなんていうファンには阿鼻叫喚もののシーンも見られるのか?

見ているこちらも気を引き締めて立ち向かわないといけないかもしれませんね。
先ほど終了しました。
最後のステージを取ったのはカベンディッシュ!
このレース2勝目です。
このステージ10位だったボーネンですが、リーダージャージは手放しませんでした。
上位のリザルトが出ています。
■ Cyclingnews

数時間後にはフルリザルトに変わっていると思います。

のこり10km付近で2回ほど『MEITAN-GDR from Japan』と言う言葉が聞こえたのですが、なにを言っているのかは・・・????
雰囲気では集団の後ろのほうで切れそうだけど頑張っているか、後ろにおいていかれた集団で前に追いつこうと頑張っていたかのどちらかだったように感じました。
『hang in』「耐え抜く」か、『hang on』「頑張る」と言う言葉も聞こえたような気がしたので。

6日間のこのレースを走り終えた選手たちの一部は、引き続き9日からマレーシアで行われるTour de Langkawiに出場します。
■ 大会公式HP
■ スタートリスト
梅丹本舗-GDRは晋一選手・みやたか選手・中島選手・増田選手・パク選手・ガズヴォダ選手の6人で挑むようです。
そしてこのレースは幸也選手のブイグテレコム初レースともなります。

去年同様、公式HPでテキストライブをやってくれるといいのですが・・・
っていうか、Jsportsでも何でもいいから放送してくれればいいのにって思いますよ、ほんっとに。

楽しみはまだまだ続きます!!
生中継が始まりました。
■ Eurosports(音声のみ)

6人の逃げができててメイン集団とは40秒の差のようです。
残り距離は・・・わかりませんw
レースに参戦中の選手が急病で亡くなったということで、今日のレースはキャンセル、パレード走行のみ行われるようです。
詳しくはこちら。
■ シクロワイアード(日本語)
■ Velonews(英語ですがもっと詳しく載っています)
リッツカールトンに宿泊中ってことは梅丹本舗-GDRの選手たちとも同じかな?
2月10日が誕生日だった22歳の選手で、婚約者もいらっしゃったようで・・・。
心からご冥福をお祈り申し上げます。
リザルトです。
■ Cyclingnews

みやたか選手とギョーム選手が2分17秒遅れ、ダミアン選手・中島選手・岡崎選手・菊池選手・ソウ選手が8分6秒遅れの集団でゴールしています。

昨夜Eurosportsで聞いたように、数回あった落車のひとつにパク選手が巻き込まれ負傷、病院に運ばれこのレースはリタイヤとなった模様です。でも怪我自体はひどくなく、来週のランカウィには復帰できそうということです。
レースの模様がCyclestyleにあがっていますね。
■ Cyclestyle


今夜の5stはこんな感じです。
■ コースの詳細

レーススタートは日本時間の18時半くらい。
ゴールは22時くらいでしょうか?
Eurosportsでの中継はイギリス時間でお昼の12時、日本時間だと21時からですね。
■ 放送スケジュール
■ 音声放送

なんだかほんの少しだけですけどチームとレースの歯車がかみ合ってきたような気がします。
レースはあと2日。
ぜひぜひ選手たち自身が納得いく走りができることを祈ります。


1 Mark Cavendish (GBr) Team Columbia-Highroad
2 Heinrich Haussler (Ger) Cervélo TestTeam
3 Tom Boonen (Bel) Quick Step
4 Filippo Pozzato (Ita) Team Katusha
5 Robert Förster (Ger) Team Milram

位置取り失敗や、勝負どころでのパンクなどに見舞われていたカベンディッシュがやっと勝ちましたね。

レースの詳細や梅丹本舗-GDRの選手たちの同行はまた明日。
ただいまEurosportsで生中継やってます。
■ Eurosports

どうやら今夜はいつもの強風に加え、落車祭りが開催されているようで、その中のひとつに梅丹本舗-GDRの選手がいると言っていたような・・・?

みんなが無事に走りきることを祈るばかりです。
フルリザルトが出ました。
■ Redsports

ボーネンが集団ゴールを制して区間優勝し、リーダージャージも奪い取ったようです。
ボーネンは去年の春のコカインの件も今日不起訴が決まったようですし、いろいろ気分のいい勝利になりましたね。

梅丹本舗-GDRの選手たちでは、ダミアン選手と岡崎選手が7分36秒遅れの第4集団くらいかな?
中島選手・ソウ選手・菊池選手・ギョーム選手・みやたか選手・パク選手は12分14秒遅れのグルペットでゴールです。

・・・・・・・追記・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Cyclingnewsのレポートを読んだところ、レース中2人の逃げができていて、一時はそれを追う3人のグループができてそこにダミアン選手が入っていたようです。残念ながら20kmほど追ったところで向かい風区間で後ろにつかまってしまったようですが。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

中継音声でも何度かアナウンサーが「・・・wind・・・」と言っていました、しかも半笑いで(;^ω^)
今日もきっと砂塵巻く強風の中でのレースだったのでしょう。


明日の4stはこんな感じです。
■ 4stの詳細

明日は少しアップダウンがあるようですね。

レーススタートは日本時間の17時45分。
Eurosportsの放送は日本時間の20時30分からで、LIVEです (`・ω・´)

なかなか思い通りの走りができていないのかも知れませんが、チームのレースレポートを見る限りは思った以上に前向きなようなので、まだまだ期待しています。




ボーネンが勝ったようです。
■ Redsports(ドイツ語)
Al Zubarah - Doha Golf Club (137,5 km)
1 Tom Boonen (Bel) Quick Step
2 Danilo Napolitano (Ita) Team Katusha
3 Jürgen Roelandts (Bel) Silence - Lotto

いま、EuroSportsでレースの様子を放送しています。
■ EuroSports 音声のみ

フルリザルトはまた後ほど。
頼りないながらも頼りにしていたEuroSportsの中継ですが、どうやら今夜は生中継ではなく録画(録音?)のようです。
■ タイムスケジュール

レースはあと1時間くらい・・・日本時間の22時くらいには終わると思うのですが、EuroSportsの放送は日本時間の22時30分からになっています(´・ω・`)

リザルトのほうが先に出そうですね(;^ω^)
厳しかった2stの結果です。
■ Cyclingnews 
梅丹本舗-GDRでは6分38秒遅れの第3集団でゴールしたダミアン選手が最上位です。
そのあとソウ選手が10分46秒遅れ、そして菊池選手・岡崎選手・ギョーム選手・中島選手・パク選手・みやたか選手は19分56秒送れのグルペットでゴールしています。
レース中ずいぶん風が強く、平地のレースなのに集団は切れ切れだったようです。
横風で苦しむ選手の姿の写真が出ています。

レース後半、14人の逃げができており、そこにはボーネンはいたもののアシストは2人。
あとナポリターノもいたけど彼にいたってはアシストなし。
逆にサーベロはなんと6人。
優勝したのはそのサーベロのロジャーハモンド。ゴール3km手前、ボーネンやナポリターノなどのスプリンターもいたはずの14人の逃げ集団から飛び出し、そのまま逃げ切ったようです。
しっかりタイム差もつき、そのため総合も逆転、明日からロジャー・ハモンドがリーダジャージです。

"With six guys in the front group and some of the top sprinters the world, it would be stupid to wait for a sprint. We were going to hit them one time, another time and then another time, and eventually one of us would go. I drew the lucky straw,"
『逃げ集団にチームメイトが6人もいたけど、そこには世界的なスプリンターもいて、自分たちとしては集団ゴールを待つのは愚かなことだった。6人でかわるがわるアタックを仕掛け続け、たまたま自分が勝つことができた』

”I drew the lucky straw”
直訳すると『幸運の麦藁を引いた』・・・たまたま当たりくじを引いたってことでいいと思います。

昨夜Eurosportsの音声ライブを聞いていたのですが、テレビ中継の音声をそのまま流しているだけな上、当然のごとく英語なのでまったく状況は把握できませんでした(;^ω^)
ただ、ダミアン選手の名前だけは2回くらい出てきて、その流れでチームの紹介もしてくれていました。

本日の3stはこんな感じです。
■ コースの詳細


これだけ豪華なメンバーが本気で挑むこのレース、参加することに意義がある・・・と思いますが、ついついそれ以上のものを期待してしまいます。
遠くの安全なところから見ているだけなので気楽なものです。
・・・見えてさえいないですけど(;^ω^)

ちりじりに千切れながらも強風と砂塵に立ち向かう自転車の集団・・・それだけでも充分かっこいいです。

今夜も見えないレースを聞き取れない英語でなんとか楽しんでみようと思います。
■ EURO Sports
1stのチームTTの結果です。
■ Redsports.ch

1. GARMIN - SLIPSTREAM 06' 34"
2. QUICK STEP + 00' 01"
3. TEAM KATUSHA + 00' 02"
4. RABOBANK + 00' 04"
5. LIQUIGAS + 00' 04"
6. TEAM COLUMBIA - HIGH ROAD + 00' 05"
7. CERVELO TEST TEAM + 00' 06"
8. AG2R-LA MONDIALE + 00' 08"
9. SILENCE - LOTTO + 00' 08"
10. SKIL-SHIMANO + 00' 09"
11. LAMPRE - N.G.C + 00' 10"
12. TEAM MILRAM + 00' 13"
13. DRAPAC PORSCHE CYCLING + 00' 16"
14. BMC RACING TEAM + 00' 18"
15. DOHA TEAM + 00' 20"
16. TOPSPORT VLAANDEREN-MERCATOR + 00' 22"
17. MEITAN HOMPO - GDR + 00' 29"

あら・・・最下位(;^ω^)
明日からの活躍に期待しましょう!!


そんな明日のコースはこんな感じです。
■ コースの詳細

現地時間の13時くらいにスタートです。
日本時間でいうと19時かな?


梅丹本舗-GDRの活躍はもちろんですが、明日はいよいよボーネンVSカベンディッシュの直接対決が見られるのかってもの気になるところです。

Tour of Qatarは、今日15時(日本時間21時)に6kmのチームTTからスタートです。
■ タイムテーブル
レース会場はドーハ、以前の中継の印象からすると砂漠の中のまっすぐな1本道をひたすら走っている感じでした。

このレースはスプリンターが総合優勝してしまうレースですから、総合のタイム差もほんのわずかになることが予想されます。なのできっと6kmのタイムトライアルでもみんなそれなりに気合を入れて走るでしょうから手が抜けませんね。

参考までにスタートリストがやっと出ました。
■ スタートリスト(大会公式HP)
地元のドーハチームと梅丹本舗-GDR以外はすべてプロツアーチームとプロコンチームです。
・・・なんて豪華な1クラスのレース。

どこかでライブ情報を仕入れたらまたこちらに書きたいと思います。
ちなみにJsportsでの放送は2月21日で、しかもツアー全部通して1時間のハイライトのようです( ´・ω・`)

ただ目立つだけでも大変なこのレース、それでもやっぱり彼らならなにかしてくれるかもしれないと期待しつつ、Live情報を、そして結果を待ちたいと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。