自転車競技がすきなんじゃあああっウワァァヽ(`Д´)ノァァン!
【ごあいさつ】

YAHOO!Blogからの引越し慣行中!
過去の記事はこちらです。
http://blogs.yahoo.co.jp/i_hamazo

BlogLankingにも参加中です。
今日はいったい何位くらいでしょう?
励みにもなるのでぜひぜひ1日1回 下のバナーをポチっとな・・・とお願いします。

あとLivedoor Readerご利用の方はこちらをどうぞ⇒ Subscribe with livedoor Reader

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ぷー太は映像がほしいな。
はまぞうもほしいかな?

*このエントリは、ブログペットの「ぷー太」が書きました。
スポンサーサイト
いよいよ全日本選手権です。
現地の天気が気になるところですが、梅丹本舗-GDRの選手たちも幸也選手もほかの日本人選手に比べて悪天候のほうが有利なような気もします。
現地で応援される皆さん、そこにいけない人の分の応援もよろしくお願いします。
自宅観戦の方はこちら。
■ Live映像(くりらじ) 
■ テキストLive(マトリックス) 
■ テキストLive(シマノ) 
■ 1人で観戦するのは寂しい人用(2ch実況) 
この辺を巡回していると意外と現地にいるよりレースの状況が把握できるかもしれません。

このエリートのレースには去年までならU23のレースに出場していたはずの若い選手たちも参戦しています。
エリートのレースがU23の世界選手権の代表選考レースになったためのようです。
去年のU23チャンピオンの小森選手・そして鹿屋の伊藤選手・内間選手・吉田選手。
彼らがこのクラスでどんな走りを見せてくれるのかとても楽しみです。

誰が勝つにしても真正面からの力勝負で日本一を決めるレースを期待したいとおもいます。
男子エリートのスタートは11:03です。
ぷー太がはまぞうは総合するはずだったの。

*このエントリは、ブログペットの「ぷー太」が書きました。
幸也選手、ツールへ!
■ ブイグのHP

ブイグのHPにツール出場の6人の名前が出ました。
ボクレール、フェドリゴ、ローランド、トロフィモフ、ボネ、そして幸也選手。
ダンケルク4日間での活躍が鍵になったようです。

"Ce coureur est un mélange de panache, de rigueur dans le travail et de respect des ordres. Honnêtement, on ne pensait pas qu'il serait aussi talentueux. Il a toujours été présent devant mais aussi dans les sprints notamment sur les 4 Jours de Dunkerque où il fut constamment à l'attaque. Il va apporter un souffle nouveau sur le Tour de France et pourrait faire du bruit. Il a une dimension intéressante et fait du bien au groupe."


訳してみようかと思いましたが、仏和辞書が手元にないため、「mélange de panache」でいきなりお手上げです (;^ω^) 機械翻訳だと「羽毛の混合物」になってしまう(´・ω・`)

なんだかとんとん拍子すぎでまだ実感がわきませんが、これは夢ではありません・・・よね?
きっと、これまでと同じように幸也選手はプロトンの中になじんでしまうことでしょう。
そしていつものようにレースをかき乱す、攻撃的な走りを見せてくれることでしょう。

これからご本人の周りは何かとにぎやかになってくると思いますが、変わらずに応援し続けることにしたいと思います。

幸也選手、そして応援している皆さん、おめでとうございます。
はまぞうの「週末いろいろ」のまねしてかいてみるね

今日はつながって欲しいと納得さそうな結果に乗って欲しいと頑張っているようですが2週間後の大きな集団ではみやたか選手が4位以内につながると思います。
最後にいい具合に乗っております。
幸也選手のあと、ご本人のは吉田選手たちにとっては95位だった!
そして、ご本人の全日本個人TT・個人TTの結果ですが4位以内にし、これだけのレースのレベルの学生さんたちにとってはつながってしまいましたのでひと安心です!!
特にチームの大きな集団では本当にお疲れ様でしたのでひと安心ですがあると信じております♪

*このエントリは、ブログペットの「ぷー太」が書きました。
今日は盛りだくさんです。

まずTour de Korea 10stの結果です。
■ 大会公式HP

ソウ選手が8位、パク選手が10位でゴールしています。
総合ではみやたか選手が4位、パク選手が5位ということで、チーム総合優勝を獲得したようです。

ナショナルチームの選手たちでは吉田選手と伊藤選手がタイム差なしの集団でゴールしています。
先日大きく遅れてしまいましたが、中盤までは吉田選手が総合10位以内に入ってたり、各区間でも上位にいたりと頑張っていました。
何より若い選手たちにとってはこのレベルのレースを10日間走るということそのものに価値があると思います。
このレースのあと、鹿屋の学生さんたちは来週末の学連のレース、全日本学生チームTT・個人TTに向けて秋田に向かうようです。
特にチームロードに関しては一昨年優勝、昨年3位だったのでぜひまた表彰台の地番上に乗って欲しいと思います。

幸也選手のドーフィネの結果はこちらです。
■ Cyclingnews
3分57秒遅れの2つ目の大きな集団で71位でゴールし、総合は95位でした。
これだけのレベルのレースを10日間きっちり完走してしまいました。
あまりにもあっさりとプロツアーのレースをこなしているので見失いがちですが、これは本当にすごいことだと思うのです。

最後に、全日本個人TTの結果も出ております。
■ チームのレポート
残念ながら岡崎選手の連覇はなりませんでしたが、ご本人のコメントを見ると納得されているようなのでひと安心です。増田選手も5位と健闘しました。

そして!!
女子では萩原麻由子選手が2連覇!
勝てるだろうとされているレースでちゃんと勝つって言うのは、本当にたいへんなのだと思います。
本当にお疲れ様でした。
そして、おめでとうございます。

もりだくさんの週末でした。

EQA梅丹-GDRに関しては、なかなか派手な結果にはつながっていないものの選手の皆さんの調子はよさそうなので、きっと2週間後の全日本ロードにいい具合につながると信じて、楽しみにしていたいと思っています。
昨日のドーフィネ7stの結果です。
■ Cyclingnews
優勝はコフィディスのモンクティエ。
幸也選手は37分2秒遅れの97位でゴールしています。
積算標高差4000mを超えるコースで37分遅れなら充分頑張っているとおもいます。

いよいよ今夜は最終日。
3級・3級・1級の山を越えて下ってゴールです。最終日まで容赦ないです(;^ω^)



元気にゴールしてもらって、できればその姿をテレビで確認できるといいですね。
Tour de Korea 9stの結果が出ています。
■ 大会公式HP

区間優勝はソウルサイクリングのYOO Ki Hong。
19秒遅れの2位以下5人のグループの頭をパク選手が取って2位。
1分38秒遅れの9位でみやたか選手、10位に晋一選手がゴールしています。

そして、何でしょう?このペナルティ20秒は(´・ω・`)

2人だけぽつんといるところを見ると落車かなんかあって、なんとか前に追いつこうとしているときにチームカー使いすぎと判断されて・・・とかですかね?   全部想像ですが。

みやたか選手の総合は幸い順位は下がらず4位のままですが、リーダーまでの差がさらに1分ほど広がってしまいました。
今日2位だったパク選手は逆に総合をあげて5位、晋一選手が10位となっております。

そして今日のレースはずいぶん厳しかったようで、ナショナルチームで走っていた小森選手と福田選手がDNFとなってしまったようです。
伊藤選手と吉田選手も1時間5分遅れ・・・クライマーの伊藤選手がこれだけ遅れるっていうのはよっぽどのことだとおもうのです。
そして吉田選手は総合でいいところにいただけに、残念です。

明日はいよいよ最終日。
初日に使った公園で3km × 20 laps = 60kmの短めのレースとなっております。
なんとしても1勝、期待したいとおもいます。

一方、同じく明日、秋田県でタイムトライアルの全日本選手権が行われます。

梅丹本舗-GDRからは岡崎選手と増田選手が参戦するようです。
ぜひとも岡崎選手に連覇していただき、チャンピオンジャージを守っていただきたいと願っています。
Tour de Korea 8stの結果です。
■ 大会公式HP
8位までがタイム差なしのグループで、晋一選手が4位でゴールしています。
1分3秒遅れの集団でみやたか選手(14位)がゴール。
ただ、先頭から5秒遅れでゴン選手が入ったため、みやたか選手の総合順位がひとつ落ちてしまいまいした。
でもまだまだ差はわずかです。リーダーになったゴンちゃんまで46秒。
明日はアップダウンの激しい、200km。総合だってひっくり返すチャンスのあるステージです。


大いに期待しながら、結果を待ちたいとおもいます。

ところで、先日DNFとなっており、どうやら落車したらしい中島選手ですが、かなり激しい落車だったもの今後のレースに大きな影響を与える怪我はしていないようで、ちょっと安心しました。
■ 中島選手のブログ
久々に『趣味は落車』が復活してしまいましたね(;^ω^)

幸也選手ののドーフィネ6stの結果はこちら。
■ Cyclingnews
区間優勝は幸也選手と同チーム、そして今回は同部屋のフェドリゴ。
幸也選手は10分31秒遅れの94位でゴールしています。
ブログのほうも更新されましたね。
■ 幸也選手のブログ
「疲れもあるけど、感触は良い」そうなので、容赦ない登りの続く残りの2日間も、元気に走りきってくれることとおもいます。
今日は超級を2つ登ったあげく、1級の山頂ゴールという157kmです。

昨日のドーフィネ5stの結果です。
■ Cyclingnews
優勝はリクイガスの母音のないSzmyd(シュミッツ)。
彼とともに逃げたバルベルデがリーダージャージを獲得しました。

幸也選手は17分56秒遅れのグルペットの頭、65位でゴールしています。
このポジション?・・・(・∀・)コレハッ!! もしや早くも友の会結成か?

厳しいレースは最終日まで続きます。今夜のコースはこんな感じ。
4級・超級、そして4級の頂上ゴールです。



このレース、最終日までこのように1級や超級の山岳が続くレースです。
本格的な登りは得意とはいえない幸也選手が活躍するのは難しいとおもいますが、目立たなくてもしっかり仕事をしつつ、特に今夜の超級の下りなど充分気をつけて、元気にゴールまで走ってほしいと願っています。

  がんばれええええええっ!!
Tour de Korea 7stの結果が出ています。
■ 大会公式HP

みやたか選手、おしくも首位と同タイムの区間2位。

総合は3位にあがりました。リーダーのKWOK Ho Tingまでわずか11秒です。
5位を含む6秒遅れの第2集団の頭はしっかりパク選手が取り、同じ集団に晋一選手もいます。

チーム全体の調子はよさそうなので、勝利までもう少しだとおもうのです。

ナショナルチームの若者たちも奮闘し、第2集団に吉田選手(6位)、伊藤選手(26位)が入っています。

明日も後半に1級・2級の山岳を含む194kmです。

昨日のTour de Korea 6stの結果です。
■ Cyclingnews
レースの様子はこちらで。
■ チームのHP

12人が逃げ切ったものの、その中から飛び出したオーストラリアの選手がさらに抜け出し区間優勝。
2位以下は残りの選手でスプリントになったようですが、ワンカンポに頭はとられてしまったようです。
24秒遅れの3位にパク選手、28秒遅れの12位に晋一選手。
以下、みやたか選手.ソウ選手.菊池選手が完走、残念ながら中島選手はリタイヤとなっております。
ナショナルチームでは、2位以下のグループに平塚選手が入っており、8位でゴールしています。
ほかの皆さんも完走しています。
今現在走っている7stは終盤に標高差500m以上ある山を登って下ってゴールです。



幸也選手のドフィネの4stの結果はこちらです。
■ Cyclingnews
42.4kmの個人TT、優勝はコロンビア・ハイロードのグラブシュ、51分26秒でした。
放送開始直後にゴールするシーンが映った幸也選手は3分38秒遅れの64位でした。

そして!今夜の5stは!!
距離は154kmと短めなものの、最後の20kmで標高差1500m以上を登る、モン・バントゥの山頂ゴールのステージです。


本格的な登りはあまり得意でない幸也選手ですが、どこまで踏ん張ってそして明日以降のステージにどうつなげるか?
そしてそれ以上に、単純に総合上位の選手たちの争いが楽しみなステージになりそうです。
昨日のTour de Korea 5stの結果です。
■ Cyclingnews
チームのレポートはこちら。
■ チームのHP

序盤にできた逃げにソウ選手、続いてみやたか選手が乗り、その後できた追走にはパク選手が乗りかなり理想的な形でレースは展開したようです。
結局、みやたか選手が残った6人が逃げ切り、さらにそこからラスト2kmで抜け出した選手が区間優勝、みやたか選手は6位でゴール。

ナショナルチーム勢ではなんと2年生の吉田選手が2分23秒遅れの9位でゴールしています。
これに伴い、総合順位も9位にジャンプアップ。

今日の6stは前半にゆったりめの山、中盤に山岳ポイントのつく山がある142kmです。

みやたか選手の総合6位を上げるため、そして区間優勝を目指して、後半戦に入ります。

幸也選手のドフィネの3stの結果はこちら。
■ Cyclingnews
33km地点でできた5人の逃げがそのままメイン集団に1分32秒の差をつけて逃げ切りました。
その5人にブイグのトロフィモフ選手が入っていたので集団に残った幸也選手をはじめブイグの選手は『温存』という状態だったようです。
幸也選手は危なげなくそのメイン集団の比較的前方、29位でゴールしています。

実は、放送開始は見ていたのですが、不覚にも寝落ち(;^ω^)
気づいたらレースどころか、番組も終了していました。
幸也選手の大活躍がなくてほっとしている自分勝手な私です。

今夜の4stは42.4kmの個人TTです。
Tour de Korea 4stの結果です。
■ 大会公式HP

逃げていた4人から終盤更にワン・カンポが抜け出し逃げ切りに成功。
2位以下はゴールスプリントになったようですが、不発に終わったようです。
チームではソウ選手の13位が最高です。

チームのレースレポートのよりますと、逃げの4人をEQA梅丹-GDRとナショナルチームで追撃したとか 。メイタン好きの鹿屋好きにはたまりませんな( ^ω^)
■ チームのレポート

今日からは総合成績に影響の出そうな山がちのコースになります。
まずは1000mの山に登る173kmです。


ドーフィネ・リベレ1stの結果はこちらです。
■ Cyclingnews
なんと幸也選手、ゴールスプリントに参加して、11位でゴールしています!!

放送中、何度もゴールシーンが流れて奥のほうに幸也選手らしき姿が映っているのですが、放送中には全く触れられず、やきもきしていたらこの結果でした。
ボーネンやスティーグマンスとゴールスプリントに参戦するって・・・すごすぎです。

2stも基本、平坦の182kmです。
放送開始が楽しみですよ ( ^ω^)♪
きょうは、はまぞうとはまぞうと走行したかった。

*このエントリは、ブログペットの「ぷー太」が書きました。
Tour de Korea 3stの結果です。
■ 大会公式HP
今回はパク選手が不発に終わったらしく、セオ選手の10位が最高位です。
ほかの皆さんもタイム差なしの集団でゴールしています。
リザルトだけだとそんな感じですが、晋一選手のレポートによりますと、昨日は晋一選手がゴール直前まで逃げていたようです。
■ 晋一選手のブログ
ほかの皆さんのブログなどを見てもチームの雰囲気がとてもよさそうなので、嬉しいニュースがもうすぐ入ってくるのではないかと楽しみにしています。

ナショナルチームの若者たちも元気にタイム差なしの集団でゴールしています。

今日の4stは前半にちょっと丘のある150.5kmです。



そして、昨夜から始まった幸也選手の出場するドフィネ・リベレ。
初日の昨日は12kmのTTでした。中継が始まった時点で幸也選手の出番は終了していて、ゴールする様子がVTRで流れたのみでしたが、結果としては優勝したカデル・エヴァンスから1分5秒遅れて56位でした。
■ チームのHP
今夜の2stはいきなり228kmの長丁場です。
Tour de Korea 2stの結果です。
■ 大会公式HP

パク選手、本日も2位!もうすこしっ(`・ω・´)

優勝はソウルサイクリングのパク選手でした。
5位にソウ選手も入っています。
みやたか選手、中島選手、菊池選手、晋一選手もタイム差なしの集団でゴールしています。

ナショナルチームは吉田選手・伊藤選手・内間選手が先頭とタイム差なしの集団、福田選手・小森選手平塚選手は3分16秒遅れの集団でゴールしました。

明日も終盤に100mほどの登りはありますが、基本的に平坦貴重の165kmです。



そろそろうれしいニュースが飛び込んでくるんじゃないでしょうか?( ^ω^)
韓国のレースの1stの結果です。(PDFです)
■ 大会公式HP

パク選手は惜しくも2位だったようです。

セオ選手・菊池選手・晋一選手・中島選手はタイム差なしの集団、みやたか選手は8秒送れの集団でゴールしています。

ナショナルチームの若者たちも元気に完走しています。
ここは選手紹介もかねて・・・( ^ω^) 
去年までボンシャンスで走っていた小森選手もいるのです。

5位 福田真平選手(BSアンカー)
31位 吉田隼人選手(鹿屋体大)
35位 小森亮平選手(TREK Livestrong U23)
46位 内間康平選手(鹿屋体大)
58位 伊藤雅和選手(鹿屋体大)
72位 平塚吉光選手(パールイズミ・スミタ・ラバネロ)

明日は細かいアップダウンの続く140kmです。
■ コース詳細

明日からTour de Koreaが始まります。
■ 大会公式HP 
梅丹本舗-GDRからは晋一選手、都貴選手、中島選手、菊池選手、そして地元のパク選手、ソウ選手が出場する模様です。
明日の1stはほぼ平坦の3kmを7周する21km。 
■ コース詳細



これがマスドスタートなのかITTなのかわからない私の無能さw
一昨年のこのレースではパク選手が5勝しているらしいので今回も大いに期待できそうです。

このレースには日本からはメイタンのほかにナショナルチームも参戦しており、中にはみやたか選手・中島選手の後輩の鹿屋体大の選手が3人含まれています。
■ 鹿屋体育大学自転車部公式Blog
伊藤雅和選手(3年)  内間康平選手(3年) 吉田隼人選手(2年)
あわせてこちらの若者たちの頑張りも楽しみにしたいと思います。
はまぞうの「Grand Prix de Plumelecの結果」のまねしてかいてみるね

幸也選手やあとのこのレースよりも、出場選手やあとの結果ですので楽しみにしたいとお思いますので大いに期待したいとのレースがJsportsでゴールしたいと思います。
(゜)よっ!いつもスイスの結果ですので大いに期待しています。

*このエントリは、ブログペットの「ぷー太」が書きました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。