アジアカップ 3日目

ここでは、「アジアカップ 3日目」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポイントレースで飯島選手が優勝!

スプリント決勝の日本人対決は北津留選手が2本とって優勝しました!

昨日で全ての日程が終了しました。
詳しい競技の模様はこちらに。
■ CYCLIST FAN

ちなみに日本チームが総合優勝も勝ち取ったようです。
北京に向けてとにかくUCIポイントが欲しい日本にとって、この大会は大事なものだったようなのです。
と言うのもこの大会、強豪の中国と韓国が主力選手を出してきていなかったそうで・・・チャンスでもあるし、逆にここで勝たねばどこで勝つ?くらいのものがあったそうです。

このあと週末にはトラック・ワールドカップが始まります。
第1戦はオーストラリア・シドニー。
■ 大会HP

派遣選手団は

男子(7名)
 伏見 俊昭(JPCA・福島)・渡邉 一成(JPCA・福島)
 永井 清史(JPCA・岐阜)・北津留 翼(JPCA・福岡)
 大森 慶一(JPCA・北海道)・飯島  誠(JPCA・チームブリヂストン・アンカー)
 盛  一大(愛知・愛三工業レーシングチーム)
女子(1名)
 和田見里美(鳥取・中京大学)


だそうです。

彼らは引き続き第2戦の北京まで行くようです。
この時期、短距離選手の本業である競輪の方も大事なレースがあるのですが・・・
出れば必ず莫大な賞金を手にするはずの選手たちが、それを蹴って国際大会に日本代表として出てくれると言うこの本気具合・・・ありがたいというかなんと言うか・・。

ぜひぜひ頑張って欲しいと思います。
そして中距離陣の飯島選手と盛選手。
絶妙のコンビネーションでレースのポイントもUCIのポイントも稼いできて欲しいと思います。

参考までに、前回のアテネ大会の自転車競技はこんな感じでした。

* 伏見俊昭(日本競輪選手会)  ケイリン敗者復活戦落選(1回戦1組6位、敗者復活戦2組5位)
* 長塚智広(日本競輪選手会)  200mスプリント棄権(予選14位10秒646、1回戦怪我のため棄権)
* 井上昌己(日本競輪選手会)
* 飯島誠(高村製作所)  ポイントレース16位(13点)
* 田代恭崇(ブリヂストンサイクル) ロードレース57位(5時間50分35秒)
* 鈴木真理(シマノ)  ロードレース途中棄権
* 竹谷賢二(FORD/SPECIALIZED) 43.3kmMTBクロスカントリー38位(1周遅れで競技中止)
* チームスプリント(伏見俊昭、井上昌己、長塚智広)2位(予選3位44秒355、1回戦2位44秒081、決勝2位44秒246)


飯島選手と伏見選手の名前がありますね( ^ω^)。

参考までにロード競技の方は出場枠・2というのがすでに決まってます。
後は誰が行くか・・・?
それに伴い、全日本選手権が例年の6月ではなくて4月のなると言う話も出てきています。
・・・来年はTOJ観戦をあきらめて、全日本観戦に懸けて見るかな?



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hmdhamazo.blog105.fc2.com/tb.php/209-3a50493c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。