Jelajah Malaysia 6st

ここでは、「Jelajah Malaysia 6st」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
6stのリザルトが出ています。
■ 大会公式HP

レースの途中経過はこちら。
■ シマノの速報
今日は序盤に4人の逃げが決まり、そこにナショナルチームの福田選手(BS)が入る。
その逃げも最後の登りの中腹?ラスト10kmのところでつかまる。

1 アスカリ (IRI) Tabriz Petrochemical Team 3.10.11 (44.34km/h)
2 マッキャン (Irl) Giant Asia Racing Team 0.10
3 とんとん (Ina) Le Tua Cycling Team 0.12
4 ミズバニ (IRI) Tabriz Petrochemical Team 0.14

アジアのそうそうたるメンバーが名を連ねていますね。
日本勢では狩野選手の15位、小野寺選手の19位、そしてなんとナショナルチームの吉田選手が20位、窪木選手が31位と、高校生コンビが頑張ってます。
期待の伊藤選手は残念ながら15分遅れの74位に終わりました。
・・・って言ったって充分過ぎるくらい頑張ってますけどね。
あと昨日、ゴール間際の落車で遅れてゴールしていた内間選手は、今日はスタートしなかった模様です。心配ですね。

4stで逃げに乗っていたトントンがその時のマージンで総合1位を守りました。
そして・・・昨日までナショナルチームがチーム総合で1位だったのですが、上位に複数の選手を送り込んだイランのチームに逆転されてしまいました。

ま、今までができすぎくらいだったのですが、やっぱり人間は欲深いものです。
守って欲しいと思っちゃいますよね。でも、ホントに充分頑張ってます。

明日はいよいよ最終日です。
コースはこんな感じです。



ゴール前のスプリントに強い内間選手を欠く形になってしまいましたが、残りの選手全員で元気に街中をくるくる回って、最後にもう一発!魅せてくれるのではないでしょうか?
とくに飯島選手・・・(σ ̄ー ̄)σニヤリ
とはいえ、来週はもうトラックのワールドカップなのでくれぐれも怪我だけはしないようにしていただいて、でもぜひ1勝、狙ってくれると思います。



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hmdhamazo.blog105.fc2.com/tb.php/248-53244cff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。