学生選手権個人ロード

ここでは、「学生選手権個人ロード」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





本日、長野県の木祖村で行われていた全日本学生選手権個人ロードが先ほど終了。

鹿屋体大の角選手が優勝しました!

1、角(鹿屋)
2、後藤(日大)
3、松田(早稲田)
4、大庭(日大)  TOJ実業団選抜
5、伊藤(鹿屋)
6、佐々木(京産) ぐちさんとこのユウヤ君
7、石井(立命)
8、漆澤(日大)  TOJ実業団選抜
9、飯塚(中央)
10、大久保(鹿屋)

4周目の周回賞を角選手が、そのまま1人選手をつれて先行開始。
数周走った段階で追走が2人。そのうち1人は鹿屋の伊藤選手。
7周目、角選手・伊藤選手を含む4人の逃げ、それを追う集団という形ができる。
この逃げはタイム差を最大3分半まで広げつつ14周目で追走に捕まるまで続く。
残り5周、勝負は先頭の13人に絞られる。
その中に鹿屋は4人!
逃げていた、角選手と伊藤選手、そして追いついてきた村上選手と大久保選手。
その中から村上選手と漆沢選手(日大)がアタック!
漆沢選手は先日のTOJで村上選手とともに実業団選抜の一員で走った選手です。

この2人の逃げは集団とのタイム差が1分以上までく。
そしてラスト1周、逃げと追走の差は40秒。
最後の1kmは周回を離れて急な坂を上るらしく、そこで村上選手は漆沢選手をふりきってひとりで飛び出す。
このまま逃げ切るかと思ったのですが、どうやら追走に捕まった模様。

なんと序盤で逃げていた角選手が優勝ですよ!

おめでとうござます!

後半のレースを作った村上選手、おしい、本当におしいっ!
正直、逃げ切るんじゃないかと思っていました。
でも村上選手が逃げたからこそ上位10人に鹿屋が3人も入るという結果に繋がったのでしょう。
お疲れ様でした。

選手の皆さん、スタッフの皆さん、速報してくださった皆さん、お疲れ様でした。
そして、ありがとうございました。

来週末は今日優勝した角選手はトラック・アジアカップの日本ラウンドに日本代表として参戦。
そして全日本選手権のTTに参戦する選手もいるのかな?

6月は大事なレースが続きます。
選手の皆さん、体調に気をつけて、頑張ってください。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hmdhamazo.blog105.fc2.com/tb.php/42-201074f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。