ジュニア世界選手権

ここでは、「ジュニア世界選手権」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12日から行われているジュニアの世界選手権の成績が入ってきました。
■ 大会公式HP
■ 1日目の結果 Cyclingnews
■ 2日目の結果 Cyclingnews

派遣されている選手についてはこちらです。
■ JCFのHP
鹿屋体大の1年生、近藤美子選手も参戦中です!
最初の5日間はトラック競技です。

【1日目の結果】
女子500mタイムトライアル
鹿屋体大の近藤選手が出場しました。
結果は16位。優勝した選手からは5秒ほど遅く、40秒348というタイム。
彼女の自己ベストは知らないのですが、力が発揮できたタイムだといいですね( ^ω^)

女子スクラッチ
日本人選手は参加していません。

男子個人追い抜き
24位 佐々木 龍選手(神奈川・横浜高校)
33位 高橋 翔太選手(岐阜・日本大学)
残念ながら決勝には進めませんでした。

男子チームスプリント
日本チームは7位、決勝には進めませんでした。
決勝に進んだ4位のニュージーランドとの差は1秒。
意外と大きいと思いました。

【2日目の結果】
男子団体追い抜き
元砂 勇雪選手(奈良・榛生昇陽高校)
野口 正則選手(奈良・榛生昇陽高校)
佐々木 龍選手(神奈川・横浜高校)
高橋 翔太選手(岐阜・日本大学)
以上の4人で臨みました。
4月のアジア選手権のロードで優勝した野口選手いたのですが、残念ながら13位で決勝進出はなりませんでした。
優勝チームとの差は16秒。これもなかなか大きいですね。

女子チームスプリント
近藤 美子選手(愛知・鹿屋体育大学)
前田佳代乃選手(兵庫・県立西宮高校) の2人で出場。
結果は5位で、決勝進出ならず。

男子ケイリン
雨谷 一樹選手(栃木・日本競輪学校)
深谷 知広選手(愛知・日本競輪学校) の2人が出場。
・・・って2人とも競輪学校に入ったのですね。来年のデビューが楽しみです( ^ω^)
深谷選手は予選4位、敗者復活で3位ということで準決勝へは進めませんでした。
雨谷選手は予選は6位でしたが敗者復活で1位となり準決勝進出、結果はDSQ
DSQってなんでしょう(;^ω^)?失格かな??

女子個人追い抜き
日本人選手は出場していません。


この大会、南アフリカのケープタウンてとこで行われているのですが、なんと59カ国から449人の選手が出場しているそうです。こういうスポーツの大会に出場しない限りなかなかいけるところではないですね。ジュニアの大会ってことで選手達は全員19歳以下です。なかなか普通の高校生活じゃ味わえない貴重な体験ですので、ぜひぜひしっかり楽しみつつ存分に力を発揮してきてほしいと思います。

3日目となる今夜は男子1000mタイムトライアル、男子ポイントレース、女子スプリント予選、女子団体追い抜きが行われるようです。



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hmdhamazo.blog105.fc2.com/tb.php/525-281710ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。